相続トラブルに最適

遺産相続を円滑に行うためには、被相続人の生前から十分な対策を検討しておく必要があります。
相続財産を誰にどのように分割するかについては、遺言書を作成しておく必要があります。
遺言書の作成については、法律の専門家である弁護士に相談することがポイントです。
遺言書には公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言があります。
弁護士の報酬については日本弁護士連合会の報酬規定がありましたが、現在では廃止されています。
相続についての相談については、弁護士会が定期的に実施している無料法律相談会を利用することが効率的です。
この無料相談会では一般的な相談を実施していますので、相続についてのアウトラインを把握することができます。
その後、具体的な相談をする弁護士を探すことが必要になります。

平成27年1月以降、相続税の課税最低限度が引き下げになりました。
これまで妻、子供3人が相続した場合には、9000万円までは税金がかかりませんでした。
これが5400万円に引き下げになりました。
これまで相続税の申告が必要のなかったケースでも、申告が必要となる場合が発生します。
相続税の納税額を少なくするためには、税金問題の専門家である税理士に相談することが重要です。
納税額を少なくするためには、贈与税の基礎控除の範囲での生前贈与や配偶者への居住用財産の贈与の特例、借入金による賃貸アパート等の取得などの対策があります。
納税資金を確保するためには、生命保険の活用があります。
また、一括での納税が困難な場合には物納や延納などの方法があります。